【元スマホ販売員が教える】格安SIMに申し込む前に知っておきたい3つのコト

f:id:naraorenimakasero:20170830222302j:plain

  • 今持っているスマートフォンの契約を格安SIMに変更する。
  • 格安SIMをきっかけにスマホを初めて持つ。

そんな方に、元スマホの販売員だった私から、契約前に知っておいた方が良いであろう情報を3つお伝えしたいと思います。

契約後に後々知って、結果としてスマホの満足度が下がってしまわないように、事前に『格安SIMとは』どのようなサービスなのかをしっかり把握しておきましょう。

1.格安SIMはスマホ本体とセットじゃなくても契約できる

f:id:naraorenimakasero:20170830190409j:plain

知っている人からしたら当たり前の事ですが、格安SIMと呼ばれている、『ドコモやau、Softbankよりも割安なプランが選べる通信契約』はなにも本体とセットの契約だけではありません。むしろドコモやau時代に使用していた端末をそのまま流用できるから月々の支払いが少なくて済むといった利点を享受できるという部分もあります。

例えば格安SIMでも今人気なのが、LINEモバイルです。

LINEモバイルなら、ドコモなどの大手キャリアから番号をそのままに契約を移行するMNP(モバイルナンバーポータビリティ―)が出来るし、月々の支払いが1,200円~というまさに格安でスマホを使用する事が出来ます。(私調べですが)安さはトップクラスです。

www.ore-eigonobenkyo.com

LINEモバイル

ちなみにですが、細かい機種の対応状況は別として、最も幅広く格安SIMの事業者を選択できるのがドコモです。格安SIM移行後もドコモの端末を使いたいなら一風変わったSNS使い放題プラン等も選べて、かつ最安値ランキング1位のLINEモバイルがおすすめです。

⇒ LINEモバイル

auの端末を引き続き使いたいという方は、mineo(マイネオ)がおすすめです。

⇒ mineo

Softbankの端末を引き続き使いたいという方は、U-mobile(ユーモバイル)がおすすめです。

⇒ U-mobile

このように、使用したい端末が元々どのキャリアで使われていた物かによって、格安SIMが使える使えないがある点には注意が必要です。

2.高速インターネットが使用できるデータ量がガクッと減る(可能性がある)

f:id:naraorenimakasero:20170830192003j:plain

初めてスマホを持つよ!って方は良いのですが、大手キャリアから引っ越してくるユーザーの方はこれに注意です。格安SIMというと千円台でスマホが持てるってイメージだけが先行し、その全貌を捉えきれていない人が多いですが、当然と言えば当然ながら、大手キャリアの5,000円程するプランに比べサービスが劣る面があります。それの筆頭が高速インターネットが出来るデータ定額量の少なさです。

もっと分かりやすく言うと、ドコモ , au , Softbankの通常プランではデータ使用料は5GB~7GBが標準的ですが、(一か月に5GBや7GBまで(契約による)高速インターネットが使える。という意味。それを超えると200Mbpsという非常に遅い低速インターネットになってしまう為、Wifiの無い自宅以外の場所ではネット使用が不便になる可能性が高い。)

大手キャリアが5~7GBを標準サービスにしている事に対し、格安SIMの事業者はそれをユーザーに選んでもらえるような自由度の高いサービスプランとなっています。その中で一番データ量が少ないプラン(多くは1GB)にした場合に、1,000円台など格安でスマホが契約できる。という事になるわけです。

かと言って、大手キャリア > 格安SIMというわけではありません。

要は自分が一体何GBあれば満足できるのか?という事が重要で、それに合わせた契約をする事が必要になる。という意味です。

例えば私のケースを例に考えてみましょう。
私の普段の生活は
  • 殆ど家の中にいる。
  • 外で動画などを見ないように意識している。(我慢が出来る)
  • 家は固定のインターネット契約があり、Wifi環境(無線LAN環境)がある為、スマホの通信契約外でネットを繋ぐ事が出来る。

という状況の為、DMMモバイルの1GBプランに入っていて、月々通話料を含めてもスマホ代が1,500円未満で済んでいます。

しかしこれが、
  • 家にネット環境が無い。

とか、

  • 通勤中に動画をちょこちょこ見たりする。

というスマホの使い方を既にやっている人の場合、

これを安いからと言って何も知らず、格安SIMの1GB~3GBのプランに変えたりすると、もしかすると月の真ん中ぐらいで通信制限がかかり、これまでの快適だったインターネットライフが崩れてしまうかもしれませんよね。
もしそうなった時も腹をくくって『安くなったんだから仕方ない』と思える方は格安SIMに乗り換えてもOKだと思いますよ!

3.通話が定額ではなくなる??

f:id:naraorenimakasero:20170830220137j:plain

これまた大手キャリア(ドコモやau等)との比較となりますが、現状大手キャリアのスマホ契約の標準は電話し放題のプランである事が多いです。ですので、それに慣れて通話料などを気にせずスマホで通話を利用し続けてきた方は格安SIMに申し込む前に考え方を改める必要がありそうです。
格安SIM(MVNO)サービスのコンセプトは、幅広いスマホの利用ニーズに対し、事業者側がプランを固定せずに、自由度を上げ、市場に開放する事だと思っています。
例えば、
Aさん:通話は殆どせず、ネットも家や会社のWifi内でする事が殆ど。
Bさん:仕事やプライベートで電話する事が多く、ネットもそれなりにどこでも使う。
このように通話量や通信量で異なるユーザーに対し、これまでは1つのプランでしかカバー出来ていなかったところを、格安SIMの登場によって、
Aさん ⇒ 格安SIMに乗り換えて携帯代が月々1,500円に!
Bさん ⇒ これまで通り大手キャリアで通話もネットも充分に使えて6,000円
というように住み分けが出来るようになったという事です。
ただし、その中間のようなニーズ、即ち『電話は利用するけど、短時間の用件を伝えるだけで済んでいる』というような人は格安SIMに5分間以内の通話なら何度でも無料。のようなオプションサービスを800円くらいで付帯させる事が出来るので、大手キャリアでそのまま契約し続けるよりも、格安SIMにMNP(契約移転)をして、5分以内かけ放題オプションに入って契約する方が安くなることが多いと思います。
私の両親は自営業でそれなりに電話を使うのですが、私がこのプランを提案し、二人ともドコモからDMMモバイル楽天モバイル にMNP。結果月々の電話代が二人とも10,000円近く支払っていたところから(ドコモで3Gタブレットも契約していた)2,500円くらいまで通信費を下げる事が出来ました。最初の方に通話し過ぎで5,000円くらいになったりしてましたが、今は私が値段をチェックして通話に気を付けて貰ったり、5分かけ放題オプションに追加加入したりして価格も落ち着いてきています。
という事で、格安SIMを申し込む前に知ってほしい3つのコトでした!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク