【固定電話って必要?】インターネットに加入するとくっついてくるオプションについて

f:id:naraorenimakasero:20171006045455j:plain

おはようございます!シュンです。

今回は、インターネットやスマホなど通信の契約とは切っても切り離せない(売る方の目線ではあるがw)オプションサービスについて『それって本当に必要なの??』という、やや懐疑的な目線と、その意義について詳しくお話ししていきたいと思います!

ネットに加入すると知らぬ間にくっついているオプション

f:id:naraorenimakasero:20171006045919p:plain

家電量販店や訪問販売、電話などインターネットに加入する販売チャネルは様々ありますが、これまでにインターネットやスマホの契約をした事がある方ならご存知だと思います。

それは、ほぼ必ずと言っていい程どの会社で契約をしても、

『オプションサービス』という付加サービスの説明&ゴリ押し(笑)がありますよね?

例えば光回線系のインターネットであれば、

  • 固定電話』=ネットと同じく、光ファイバー線を利用したIP電話
  • セキュリティー』=PCやスマホにインストールして使うセキュリティーソフトのレンタルサービス
  • サポート』=遠隔操作でお手持ちのPCの設定を操作したり、分からない疑問に電話で答えてくれるサポートサービス

こんな感じで、インターネットライフに関連するようなオプションサービスの用意が各社あるわけですが、事業者によって重複していたりもするので、サービスの数も多くなりますし、正直ややこしいです。

例えば少し前にスタンダードだった『フレッツ光』を例に出すと、ネットを使用する為には、

  1. NTT東西の光回線契約(この商品名がフレッツ光)
  2. プロバイダー契約(OCNやYAHOO BBなど)

このように二つの事業者との契約が必要でした。そして厄介な事に会社ごとにオプションサービスがあるので、これはどっちのオプションだったっけ?と後で分からなくなる事です。

ぶっちゃけインターネットの契約を分かりづらくしている諸悪の根源的な存在だと現場で働いていて素直に思いました。

しかし、通信業界に限らずサービスを提供している事業者側からの目線で考えれば、

ネットの純粋な使用料は競合他社との価格競争によって、年々低く抑えられていくことは必至です。少しでもインターネットの回線使用料以外にオプションサービスを利用していただけるお客様を増やして、客単価を上げていかないと、事業が増収増益に推移していかないんですよね。。。(この客単価を通信業界の専門用語でARPUと言います)

例えばSoftbankの数年前の決算報告などを見てください。必ずARPUの話が出ます。

というわけで、このオプションサービスに関しては事業者側と客側で常に相反する感情が働いていると考えられるわけですね。

事業者:少しでも客単価を上げたい。継続してオプションサービスを利用してもらいたい

:少しでも安く利用したい。そもそもオプションサービスが自分にとって必要なのかが分からない。インターネットの説明ですら整理できないのに話が多すぎて理解が追い付かない。=オプションは嫌だ。

キャッシュバックと繋がっているオプションサービス

f:id:naraorenimakasero:20171006053446p:plain

あと、インターネットと言えばキャッシュバック!と言ってもいいぐらい、なぜか加入するとお金やプレステが貰えるという特典をよく目にしますよね。

それというのは、インターネットを販売した店なり代理店なりが、通信事業者からインセンティブとして一件につきいくらと決まったお金を貰えるので、そこから各代理店がお客様に何割かを還元している。という図式になってます。

説明を聞いたら大体の人は理解できると思いますが、実はこのキャッシュバックは殆どの場合

  • インターネットの加入

だけでなく、オプションサービスの継続利用とセットになっていることが多いです。

全てではありませんが、当時の家電量販店ではほとんどがそうなっていました。

要するに、インターネットに入って貰ったタイミングで、その他に自社が展開しているオプションサービスを使ってみてもいいよ!という方に限り、○○万円差し上げます。と言っているわけです。

ただ、それだと契約が取れないと思った、バカが『ネットに入るだけで○○万円貰えます!』みたいな説明をしてしまう事が全国的に多かったんだと思います。その結果として騙されたと感じたお客が怒り『オプションは悪だ』と考えるようになったのでしょう。

インターネットに加入する際のキャッシュバックは大きな特典として魅力的なのは事実なので、あとは悪質な勧誘に騙されない防衛策として、正しくそのキャッシュバック条件を(紙に書くなりして)理解して加入するようにしてください。こういう堅実な姿勢こそが自らを守ってくれると私は考えます。

まとめ

f:id:naraorenimakasero:20171006055841p:plain

どのようなサービスであっても、万人にとって不要なサービスという事は無いと思います。逆に万人が必要とするサービスというのも中々難しい事でしょう。

オプションサービスの中には無料期間がある物があったり、契約期間に縛りが無いものが殆どです。なので、何でもかんでもめんどくさがらず、ちゃんと目を向けて試してみるのがおすすめです。

私自身、常にそうやって自分の価値観でサービスの良し悪しを見極めるように努力しますし、その上で継続するか辞めるかを考えるようにしています。

そうやっている事で、『分からない』という事が圧倒的に減るので、より能動的に様々なサービスを使いこなす事が可能になっている気がします。

今回はオプションサービスの話でした!それではまた次回!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク