【プロが教える】インターネットの速度が出ない⇒最初に確認すべきこと

f:id:naraorenimakasero:20171022224519j:plain

何かうちのインターネット遅くない?

そのように感じたら、まずは試してみる価値がありそうな事を

元プロとして紹介します。

私は数年前までインターネットの固定回線を売っていたのですが、

その時もお客さんの話をよくよく聞いてみると

『家のインターネットが遅い。』という悩み相談がよくありました。

大抵はポケットWiFiを使ってる人でしたけど、

たまに光回線を使ってる。って方もいらっしゃり、

家によって光の速度もずいぶん違う事を知りました。

可能性①:Bフレッツじゃないか?

f:id:naraorenimakasero:20171022225556j:plain

http://akibakei.dreamlog.jp/archives/52401650.html

フレッツ光を大昔に契約した戸建ての方や、

古そうな集合住宅にお住まいの方は特にその可能性がありますが、

フレッツ光は、まだ一部の建物でNTT東西の昔のサービス『Bフレッツ』を継続して提供中です。

もしかするとNTT東西から今最新のギガスマートタイプに変更しませんか?みたいな連絡が来ているかもしれませんが、それを断っている場合、

未だにBフレッツである可能性があります。

ちなみに最新のギガスマートの最大速度は(上り下り)約1ギガ。(1000メガbps)

Bフレッツの最大速度は(上り下り)約100メガです。(1ギガの10分の1)

なので、同じ値段でもBフレッツはギガスマートのMAX10分の1の速度しか出ません笑

確認方法ですが、NTTから請求書などが届いている場合、その明細にサービス名が書いてあることがあるので一度確認してみると良いかもしれません。もしくは、NTTの0120-116-116に電話して、自分の契約しているサービス名は何なのか?

『ギガスマート』か、それとも『Bフレッツ』なのか?確認してみると良いでしょう。

ちなみにBフレッツはもうじきサービス全てが終了になるみたいなので放っておいてもギガスマートに移行されるのかもしれませんね。そこらへんも是非問い合わせて確認してみてください!

「Bフレッツ」一部サービス終了に伴うサービス移行のご案内 ファミリー100タイプをご利用中のお客さま|フレッツ光公式|NTT西日本

可能性②:WiFiルーターがポンコツじゃないか?

f:id:naraorenimakasero:20171022231526p:plain

高速ブロードバンドを売りにしている『光回線』を契約していても、

無線LANルーター(通称WiFiルーター)がへぼかったら意味がありません。。

ネットは光に変えたけど、ルーターは壊れてないからADSL時代の物を使ってる。

とか、

WiFiルーター何てどれも同じでしょ?だから一番安いのを買ったよ。

みたいな人は要注意です。

折角の光が台無しになってるかもしれませんよ。

理由は、無線LANルーターの構造的な違いにあるんですが、

値段が高い無線ルーター程スピードの上限が高いなる傾向にあります。

即ち、高いルーター程、

  1. 電波の強度(届くエリア)が強い
  2. スピードの上限が高い

と言えます。家電屋さんに行ったらルーターの箱に書かれている最大速度に注目してみてください。

回線の最大速度が1G(ギガ)でも、ルーターの最大速度が400M(メガ)では、

有線接続でもしない限り400メガまでしか出ませんよ。

なので、個人的には光回線を使う方なら一戸建て集合住宅問わず、1台5,000円ぐらいする、そこそこ良いものを買う事をおススメします。

しかも、メーカーはNECがおすすめです。(家電に詳しい先輩が言ってたからw)

私はずっとNECの無線LANルーターを愛用しています。

↓値段が9,000円ちょい。

↓8,000円弱

↓最低このくらいは欲しい(6,000円程)

可能性③:固定回線じゃなくモバイルWiFi使ってないか?

f:id:naraorenimakasero:20171022233324p:plain

私は販売員時代、固定回線もモバイルインターネットも両方取り扱ってましたけど、よっぽどの理由がない限りは、通常固定回線をおススメするようにしてました。

理由は簡単で、モバイルWiFiはその当時お客様からの契約後の苦情が多かったんですよ。『繋がらない』とか『遅い』とかが殆どです。

固定回線の大きなアドバンテージは『安定して』『スピードが出やすい』事ですから、

今現状、WIMAXやY!mobileとかのモバイルWiFiを使用中で速度に納得のいかない方は、固定回線への変更をお勧めします。それで速度のストレスが無くなる期待値は大きいと思いますよ。

※ちなみにスピードテスターで同じ速度だったとしても、固定回線とモバイルWiFiとでは違いがあり、モバイルWiFiの方が動画視聴中などに微妙なタイムラグとかが出やすいです(私の実体験)

可能性④:まさか今時ADSLなんてことは…

バカにするつもりはありませんが、まさか今のご時世ADSLユーザーなんてことはありませんよね…(^^;)?

確かにADSLの方がまだ一部では料金は安く使えるかもしれませんが、よっぽど収容局(電話局)から自宅が近いとかじゃないと、遅くてやってらんないでしょう。

全てにおいて光回線の方が勝っているとは言いませんが、ADSLユーザーで速度に不満があるなら大人しく光に変えましょう。

可能性⑤:その端末11ac対応ですか?

f:id:naraorenimakasero:20171022234452p:plain

同じようにWiFi(無線)の電波が受かる端末でも、

製造された時期や機種のグレードによって、受かるWiFiの電波の規格に違いがある事はご存知でしょうか?

WiFiルーターの箱や、各PCやスマホのスペックをよく見ると書いてあるんですが、

802.11○○(nとかacとか書いてある) ←これがWiFiの電波の種類です。

これが最新の端末ではほとんどが11acという5Gヘルツ帯の速い無線規格に対応しているんですが、昔のスマホやPCだとこれに対応しておらず、

  • 速い光回線(auひかりとかsoftbank光とか)
  • 速い無線ルーター

を用意していても思うようにスピードが出ない可能性があります。

これの確認方法ですが、まず端末のWiFi設定画面を開きます。

と同時に、WiFiルーターの裏面に書かれているSSIDを確認し、

f:id:naraorenimakasero:20171022235326p:plain

https://4knn.tv/nec-aterm-wg1200hs/

↑こういう所。これのプライマリSSID(5GHz←)と書かれている方の表示が端末側に表示されているかを確認するのです。(NECのルーターの場合:aterm・・・・・- a と書かれている方)

これが表示されているのであれば、速度が速く電子レンジなどと電波干渉がしづらい5GHz帯の電波を受けられるという事になりますので、速度に期待がもてる。という事になります。ただし、5GHz帯の弱点として届くエリアが狭いことが挙げられますのでその辺は2.4GHzと使い分ける等して快適に使用しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?あなたの感じているインターネットの速度に対する不満やストレスは改善されそうでしょうか?

まだまだ可能性は他にも考えられますが、本格的に改善の見込みがない場合は、思い切って他のインターネットサービスに乗り換えてみるのも抜本的な対策方法の一つと思います。個人的におすすめなインターネットサービスはこちらの記事にまとめてありますが、

www.ore-eigonobenkyo.com

もし手っ取り早くおすすめなインターネットが知りたい。との事でしたら、私は《auひかり》を推します。理由は、インターネットの業界裏を知っているものだから理解出来る事なので多くは語りませんが、言うならば安定してユーザー第一な施策が多いから。というこの一言に尽きると思います。

良かったらぜひ検討してみてくださいね!それではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク