英語初心者がEnglish Grammar in Useを使って英語の勉強!Unit4

f:id:naraorenimakasero:20170711123744j:plain

英語初心者が英語の勉強を始めたてのうち、『本当にこの勉強法で合ってるのか?』ってとても不安になりませんか?なりますよね? ちなみに私は良くなります。Nowで勉強前毎回なってます。

でもそんな時はこう考えるんです。『とにかくまずは実践あるのみだ!』と。

勉強法をあれこれ調べるのも大事だとは思うのですが、一度これってやり方を見定めたら、あとはリサーチは一旦やめにして、自分が選んだ勉強法をとりあえず納得のいくまで実践し続けよう。ってね。お互い頑張りましょう!

さて、それでは今日は私がチョイスした英語の勉強法『English Grammar in Use』の8ページ目『Present continuous and present simple 2 (I am doing and i do)』をやっていきたいと思います!

www.ore-eigonobenkyo.com

ようやくUnit4(8ページ目)

どんだけさぼってんだって話なんですが笑、のんびりと気が向いたらでやってますので(^^)まだ8ページ目です。English Grammar in Useの構成としては、ページを開けて左半分が英文法の解説が書いてあるページ。(基本1ページ1テーマ)そして右半分が丸々《Exercises》となっていて問題がずらっと書かれている。という構成がずっと続きます。そして今現在の私は右半分のExercisesをめんどくさがって後回しにしている為、実質4ページを勉強した事になります。正直このペースでは1年経っても(2018年6月頃)このテキストを1周出来てない可能性が高く非常にヤバいです。英語マスターになる為に何周もEnglish Grammar in Useをやるつもりでいるのでもう少しペースアップしていかないと直ぐに40歳になってしまいそうです。(現在30歳)反省。

しかもExercisesも大事っぽい

それと、English Grammar in Useの本のレビュー(Amazon)や他の方が書いたブログを見ていると、例えばEnglish Grammar in Useのスマホアプリは本に比べてExercisesの量が少ないから比較して劣る。という意見があったり、English Grammar in Useの高い評価の根幹には豊富なExercisesのボリュームがあるから。といった意見を挙げている方がいらっしゃったり(確か高橋編集長↓)


TOEIC満点の国産バイリンガルが語る英語学習法!「まずは何からすればいいの?!」〔#412〕

と、このEnglish Grammar in Useを使った勉強法において、右半分のExercisesがとても重要であるという意見があるのが分かります。今後はめんどくさがってないでちゃんとやろうと思いますが、私がEnglish Grammar in Useをやってみた感想としては、左半分のお勉強で疲れてしまって、右側のExercisesまで集中が持たない。という事がほとんどなんですよ。もしくは、どうしても次の新しいUnitに行きたくなっちゃっておざなりにしちゃうんですよね。いかんいかん。

それでは本編参ります

前置きが長くなってしまいましたが、Unit4参ります。

Present continuous and present simple 2 (I am doing and I do)

f:id:naraorenimakasero:20170711125822j:plain

勉強を始めた途端ですが、またも”Continuous”の意味を忘れてしまいました。。一体何回調べんだ!って自分でも思いますがw意味は『連続』でしたね。Presentが現在だから、現在の連続。即ち現在進行形。=Present continuous.

A : Some verbs are not normally used in this way.

ページの頭に書かれていたのは、Some verbs (一部の動詞)によってはPresent continuous(現在進行形)の文法でもingが付かないnot normallyな場合があるよ!って書かれてます。多分。この章はそっからスタートです。

例):like , want , need , prefer etc…(English Grammar in Useにはもっと例が載ってます)

B : Think

次に、Think=思う。が特記されていて、いくつかケーススタディが載ってます。

When think means ‘believe’ or ‘have an opinion’ ,we do not use the continuous:

☑ I think Mary is Canadian, but I’m not sure. (not I’m thinking)

  1. thinkが、’believe’ or ‘have an opinion’の時は現在進行形は使わない。
  2. thinkが、’consider’の場合現在進行形のthinkingが可能。

oftenの意味をめっちゃよく忘れます。あとuseallyも。

C : See hear smell taste

We normally use the present simple (not continuous) with these verbs:

☑ Do you see that man over there? (not Are you seeing)

☑This room smells. Let’s open a window.

  1. こららの動詞の場合現在形 (I do) を使う。
  2. can+see / hear / smell / tasteという形をよく使う。

 D : Look feel

You look well today. or You’re looking well today.

  1. 現在形や現在進行形を使って、誰がどのように見えるかを感じ取る事が出来る。

E : He is selfish and He is being selfish

He’s being = He’s behaving / He’s acting. Compare:

☑I can’t understand why he’s being so selfish. He isn’t useally like that. (being selfish = behaving selfishly at the moment)

beingは”その時だけ”を表現する。って事であってるかな?たぶんそう。

Unit4の感想

別に問題ではないと思うけれど、勉強する間隔が空いているので前回調べた単語を良く忘れてるって事がとっても多い。でも、これを繰り返し調べる事で覚えてくんだろうからめんどくさがらずに調べるしかないという。。

それと、Google翻訳を使用しても何かピンとこない英文がちょっとづつあって、全てが今しっくり来てるわけではないけれど、徐々に理解度が深まればいいと思うので、執着し過ぎず気軽に勉強するようにしてる。正直今のところは身になってる実感は全然湧かないが、1年後に実感出来ればいいな!って思って頑張るしかないのである笑

あなたも私と一緒に英語の勉強いかがですか笑?

このブログを通じて、私と一緒に英語の勉強始めませんかw?私はひたすら地味にこのブログで自分が勉強した内容をアウトプットしていくつもりなので、同じテキスト見ながら是非一緒にやりましょう!本はAmazonで購入できます。約3千円です。

分からなかった単語(google翻訳で調べてます)

  1. some : 一部
  2. prefer : 好む
  3. realise : 実現する
  4. suppose : 想定する
  5. belong : 属する
  6. contain : 含む
  7. consist : 構成する
  8. seem : 思われる
  9. consider : 検討する
  10. often : しばしば
  11. strange : 奇妙な
  12. behave : 行動する
  13. compare : 比較する
  14. selfshly : 自制
  15. never : 決して
  16. think about : について考える
  17. possible : 可能

それではまた次回!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク