《おすすめインターネットのケーススタディ4選》あなたはどのタイプ?

f:id:naraorenimakasero:20170811012437p:plain

家電量販店でインターネットの販売員をやっていた時、よく『結局何が一番いいの?』って聞かれる事が多かったんですが、答えは『そんなもん人それぞれ違う』って事でしかなかった。

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。シュン(@departuresgree5)です。

人って、めんどくさがりが圧倒的に多いので、自分で細かい部分まで調べ上げてインターネットに加入する人なんてほんの一握りで、後の人達は自分にとって最適なサービスを自ら調べるよりも、人から『あなたはこれが一番!』って決めて欲しい人の方が圧倒的多数なんですよね。たまに気持ち悪い位神経質に調べてる人もいましたけど笑

でも結局のところ、インターネットを利用するシーンや求められる回線のスピードなどは人それぞれですし、場合によってはWIFI(無線)じゃなくて有線接続した方が快適になる人だって珍しくない。スマホもテレビもゲームも何でもかんでも無線化すればいいってもんでもない。

もしこんなインターネット接続サービスがあるなら

f:id:naraorenimakasero:20170811014640j:plain

  1. スマホのテザリング機能で利用出来て、
  2. 利用料が月に2,000円以下で、
  3. 下りも上りも1Gbpsで、
  4. 利用者がどの時間帯でも少なくて、
  5. ドコモの3Gが入る通信範囲を全てカバーしていて、
  6. 通信制限が勿論、無制限で、
  7. 建物の中にも電波が入り込む周波数帯域で、
  8. 海外でも日本と同条件で使えて、

みたいな、こんな贅沢なインターネットサービスがあるなら是非教えてください。なぜなら、その時点でそれはもはや万人にとって『1番』になりうるインターネットサービスだからです。

しかしながら、残念な事に2017年現在、そんなインターネットは世界中どこを探しても存在しないわけです。

各インターネットサービスの不満足な点

f:id:naraorenimakasero:20170811014813j:plain

自分に合うインターネットを知る為には、各インターネットサービスの良い所よりも不満足な点を知った方が早いと思います。自分がどこにストレスを強く感じ、どこまでなら妥協できるかはその人それぞれですからね。

スマホのLTE

  • 速度はもはや固定回線並みに速いが、利用時間が他ユーザーと被った場合(夕方から夜)や、使う場所次第で固定回線に比べ安定感を失う事が多い。ユーザー過多でガツンと遅くなる。(特に都会)
  • 通信量1G当たりの値段がめちゃくちゃ高い。
  • 田舎だとLTEでも遅い場合がある。
  • (通信規格上仕方ない部分もあるが)通信制限がある。

モバイルルーター(ワイマックスなど)

  • 通信制限があるんだか、ないんだかが特にややこしい。
  • WIMAXとか、2プラスとかが無駄にややこしい。
  • スマホセット割はMVNO(格安SIM)の登場で旨味が薄れた感がある。
  • 建物の中に弱い。WIMAXが使っている電波の周波数は障害物に弱い。(プラチナバンドと比較して、奥まった場所に届きづらい)
  • 契約しても使いたい場所で確実に通信ができる保証がない。
  • 家族など同居人とシェアしていると外に持ち出しづらい。
  • 充電がめんどくさい。

固定回線(光回線やケーブルテレビのインターネットなど)

  • PCを持ってカフェでネットしたいと思っても出来ない。(テザリング範囲内なら可)
  • 料金がやや割高。
  • スマホセット割はMVNO(格安SIM)の登場で旨味が薄れた感がある。
  • キャッシュバックが嬉しい反面、人によっては物凄く面倒臭がられる。
  • とにかく事業者が多くわけが分からない。
  • 回線事業者とプロバイダー(ISP)が分かれている意味が分からない。
  • 契約内容がややこしい。
  • 無線LANルーターの設定がめんどくさい。
  • 工事がめんどくさい。
  • 引っ越し手続きがめんどくさい。

まあ、多くのユーザー目線ではこんな感じだと思います。私もお客さんに散々言われ続けてきたわけですから。

インターネットのケーススタディ4選

f:id:naraorenimakasero:20170811021120j:plain

様々なインターネット事業者(フレッツ光、auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光、OCN光、NURO光、J:COM、WIMAX、Y!mobile、eo光、コミュファ光 etc.)を一つ一つ説明して比較して行ってもいいんだけど、結局は『んで、どれが一番いいの?』ってなっちゃいそうなので、ケーススタディーとしてインターネットを使う人の属性をあらかじめ設定して、この人ならこれが一番いい。みたいな事をやった方が分かりやすいんじゃないか?って思うので、4つ程(仮の人を設定して)やってみたいと思います。

ケース1:Aさん(25歳)の場合

f:id:naraorenimakasero:20170811023548j:plain

居住地:東京

住居種別:2階建てアパートの1階(集合住宅)

同居人の有無:一人暮らし

職業:ブロガー

趣味:Youtubeを見る事

契約しているスマホ回線:DMMモバイル (約1,500円:1Gプラン)

おすすめのインターネット:FUJI wifi

理由:東京暮らしという事で、速度的にNo1はNURO光だと思います。(関東限定)しかし、職業がブロガーという事で、カフェでノマドを気取りたくもなるだろうし、実際お金を払ってまでガヤガヤした外で作業をする意味があるのかは置いておくとして、外にも持ち運べるモバイルルーターが嬉しいでしょう。しかもモバイルルーターであれば実家に帰ったときや、一人ぶらり旅をしたとしてもネット環境が作れる可能性が高いので、固定回線をひくよりももしかすると満足度が高くなるかもしれません。そして、これまでだったらモバイルルーター=WIMAXだったわけですが、(Yモバは制限ありなので比較にならん)つい先日Youtuberの瀬戸弘司さんの動画を見ていたらFUJIwifiなんていうとんでもないもんがある事を知ったので、契約期間ナシ、建物の中に強い周波数帯域、本体レンタル(保証あり)、SoftbankのLTEエリア対応、という点からFUJI wifiに軍配が上がるでしょう。ただし唯一の欠点は、このサービスモデルが拡張性、将来性が果たしてあるのかどうか?と言った点です。現状既に申し込みをセーブしているとの事なので、現状は限られたユーザーにしか解放できないモデルだと言わざるを得ません。とても理想的ですが、それを大勢のユーザーが享受できるかと問われればとてつもなく大きな疑問が残ります。


このサービス、ほんとに大丈夫!?まちがいなく現時点で最強のモバイルルーター「FUJI Wifi」を契約してみた!

ケース2:Bさん(20歳)の場合

f:id:naraorenimakasero:20170811033422j:plain

居住地:埼玉

住居種別:5階建てマンションの3階(賃貸・集合住宅)

同居人の有無:一人暮らし

職業:学生(大学内はWIFI完備)

趣味:オンラインゲーム(FPS)

契約しているスマホ回線:NTTドコモ(支払いは親)

おすすめのインターネット:NURO光

理由:埼玉暮らしという事で固定回線ならNURO光、auひかり、モバイルルーターならFUJI wifiやWIMAXが視野に入ってきますが、この方の場合だと趣味のオンラインゲームに着目すべきです。なぜならオンラインゲームは動画配信やSkype等と同様に通信トラフィックが非常に大きく、常に安定した回線状況である事が望ましいので(じゃないと通信が切れる)モバイルルーターだと通信ラグや通信が自体が落ちるという危険性が高まり、ゲームどころではなくなってしまう可能性があります。PS4やWiiU、ニンテンドーSwitchなどのゲーム機でオンラインゲームをする方はなるべく固定回線の導入をお勧めします。しかも可能であれば電波干渉の心配がない有線接続がおすすめですが、無理なら5Ghz帯(802.11ac)が比較的電子レンジなどの電波と干渉しづらいと言われているので、a、b、g(2.4Ghz)だけでなくn、ac(5Ghz)が使用出来る、ある程度質のいい無線LANルーターの購入をお勧めします。そしてこの子のお父さんお母さんは一刻も早く子供のスマホ通信費が割高である事に気づき、格安SIMに変更させる。もしくは自分で支払わせる。とする事を強くおすすめします。何にもよくわからんけど『とりあえずドコモ。って人日本多すぎw』

ケース3:Cさん(35歳)の場合

f:id:naraorenimakasero:20170811033554j:plain

居住地:千葉

住居種別:7階建てマンションの3階(賃貸・集合住宅)

同居人の有無:妻、娘(3歳)

職業:会社員(総合職につき、転勤あり)

趣味:モンスト、サーフィン

契約しているスマホ回線:LINEモバイル (約2,500円:5Gプラン)

おすすめのインターネット:SoftBank Air

理由:千葉暮らしでアウトドア派の男性Cさん。外でのインターネット(PC)をしないCさんですが、家の中では自分も奥さんもたまにスマホでYoutubeを見る程度。平日は仕事が忙しいし、休みの日は外に出かける事が多いので家でみっちりインターネット。という使い方はあまりしない様子。ただしスマホの回線だけだと愛娘のYoutubeで、放っておくと奥さんが速度制限に引っかかる。だから何かしらの回線は必要。

と、こんなケースが都会の核家族でよくあると思われますが、この場合ポイントは旦那さんの転勤ですね。トラフィックも少ないようなので値段重視でネットを選んでもよさそうですし、単身赴任か家族みんなで移動するか?は置いておいたとしても、引っ越しする可能性がある場合、まずモバイルルーターを考えると思います。ここで考えられる選択肢は2つです。

A(通信が多い場合):ちょっと待ってください。引っ越しはどんなに早くとも1年に1回だとしましょう。ネットを使用するのは毎日なので365日ですよね。たった1日のインターネット工事&設定&引っ越し手続きが面倒な為に、365日のインターネットライフを犠牲にするつもりでしょうか?私ならその手間は惜しまずにより快適なネット環境を構築する事に意識を向けます。だって面倒なのはたった1日だけだから。多くの人が誇大妄想している固定回線の引っ越し問題ですが、基本的に固定回線は引っ越し可能です。しかもその際にかかる工事費は基本無料である事が多いです。(フレッツ光は何年か前に有料に変更となりましたが)auひかりはHP上でも移転工事費無料と謳ってますので、転勤がある人でもOKです。そしてもう一点。引っ越した後で引き続き使い続けられる可能性の高いインターネット。という事が重要になります。サービスエリアが限定されているインターネットは、関東限定(NURO光)、東海限定(コミュファ光)、関西限定(eo光)等、その地域では無双する事がありますが、全国転勤の人の場合、どこに飛ぶか分からない事を考えるとエリア限定サービスに申し込むのは危険です。最悪の場合工事費残債+違約金を迫られ大出費になりかねません。(この場合は解約理由が自己都合になる為、ごねても支払い義務が発生します。)なので私のおすすめは全国的にサービスエリアの広いauひかりが最もおすすめです。ただ一つだけネックになるのは住居種別が集合住宅であるという事。戸建て住宅であればauひかりで何も問題ないと思いますが、集合住宅でauひかり対応の物件はフレッツ光と比較しても少ないので、事前に物件を探す際auひかり対応の物件を不動産屋さんに言って探してもらいましょう。もしそれが嫌ならば、フレッツ光系【フレッツ光コラボレーション】の【SoftBank 光】 【OCN光.net】 がおすすめです。

B(通信が少ない場合):Cさんの場合、本人も奥さんもそこまでネットのヘビーユーザーでもないようですし、子供のYoutubeだけであれば最も手軽なインターネットは、こちらの工事不要!カンタン置くだけインターネット【SoftBank Air】 となります。

Softbank Airは、動画やオンラインゲーム等、重い作業には不向きですが、何より工事不要で電源さえあれば持ち運びOK、引っ越しOKなので手軽さがウリです。しかも通信制限がないので外では使わないけど、モバイルルーター感覚な手軽さが欲しい人には便利です。

 その4:Dさん(31歳)の場合

居住地:福井

住居種別:一戸建て(持ち家)

同居人の有無:妻、息子(3歳)、父、母 (5人家族)

職業:会社員(転勤なし)

趣味:ネット動画視聴全般、Youtubeへの動画投稿

契約しているスマホ回線:【UQモバイル】  (約2,000円:2G、5分以内通話無料プラン)

おすすめのインターネット:auひかり

理由:福井県の田舎住みで、eo光もエリア外のDさん。地元ケーブルテレビ(CATV)のインターネットも選べるけれど、趣味でYoutubeに動画投稿をしているので回線の上りスピードが出来れば早い方がおすすめ。

www.ore-eigonobenkyo.com

という事で、上りのスピードが圧倒的に早い光回線をお勧めしたいと思います。分かると思いますが、家族4人がスマホ所持で動画を視聴し、外でのインターネットも無い場合、比較する価値がない程にモバイルルーターより固定回線(光やCATV等)が優秀です。ネット対応のAndroid TVを購入したり、息子がテレビでYoutubeにかじりつく。奥さんがテラスハウスや海外ドラマが見たいとNetflix(ネットフリックス)かHulu (フール―)への加入を打診してきた。等々どこの家庭でも想定されるかと思いますが、これら全て固定回線1本の契約と無線LANルーター1台でまかなう事が可能です。

最後に

f:id:naraorenimakasero:20170811052534j:plain

ざっと、こんなケースがありそうだな。って感じのケーススタディーを想定してみましたが、いかがでしょうか?ご自分に近いケースやイメージが湧いたでしょうか?この様にその人の家族構成や引っ越しの有無、住居種別に、インターネットの利用方法等、様々なファクターによっておすすめしたいインターネット接続サービスはゴロっと変わってきます。もしそうでないならこの世にインターネットサービスは1社、1プランで十分なはずですよね。でも実際はそうではないわけです。加入前にしっかりとこれから起こるインターネットライフを想定し、後悔の無いような契約を結んでくださいね!それではまた次回!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク