歌を聴きながら英語の勉強をするのがめちゃくちゃ楽しい[24K Magic]

f:id:naraorenimakasero:20170720170828j:plain

どうも皆さんこんにちは!しゅんです。

今日は、英語の歌を聴きながら英語の勉強をしてみたらめちゃくちゃ楽しかった。という件についてお話していきたいと思います。

Youtuber”Atsueigo”さんの動画

Atsuさんとは、Youtubeで英語の勉強法に関する動画を挙げてらっしゃる方なんですが、そのAtsuさんの動画一覧を見ていたところ、気になる動画を発見しました。それがこちらの動画で、Bruno Mars(ブルーノマーズ)の”24K Magic”の歌詞を解説する動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=_tSbd4LkI9U


【前編】Bruno Marsの24K Magicの歌詞を使って英語勉強してみた


【後編】Bruno Marsの24K Magicの歌詞を使って英語勉強してみた

Bruno Marsって誰?

洋楽に興味の無い方、聞かない方はこちらの動画で語られる”Bruno Mars”という人をそもそもご存じないと思うので軽く紹介しておきます。Bruno Marsはハワイ出身の現在31歳(1985年生まれ)で、HipHopやソウル、R&B等のリズムを織り交ぜた、歌詞含めイケイケな内容を前面に打ち出した曲を歌うシンガーで世界中で人気があります。

ブルーノ・マーズ – Wikipedia

この『24K Magic』という曲は特に人気があり、

American Music Awards 2016

でパフォーマンスを行ったり、


Bruno Mars – 24K Magic [American Music Awards Performance]

Victoria’s Secret 2016 Fashion Show(パリで開催された)

でパフォーマンスする等、まさに世界で売れているアーティストと言えます。


Bruno Mars – 24K Magic [Victoria’s Secret 2016 Fashion Show Performance]

ちなみにVictoria’s Secretを運営している巨大アパレルのL Brandsですが、2015年の売上高で世界第5位のメーカーであり、その上には1位:ZARA(Inditex)、2位:H&M、3位:GAP、4位:UNIQLO(Fast Retailing)しか存在していないいう程の、超がつくスーパーブランドです。そんな大舞台で堂々とパフォーマンスする姿はとてもカッコいいですね!(歌詞の下ネタ加減とヤンキー丸出しさについては一旦おいておくとしてw)

www.fashionsnap.com

海外のカルチャーに興味を持ったのも洋楽が始まりだった

そういえば思い返すと私が初めて海外の文化(音楽)に興味を持ったのも、洋楽(主にHIPHOPやR&B等)がきっかけでした。中学校の時でしたが、アメリカのHipHopが世界的にも売れている時代であり、学校から帰ると毎日聞いてましたね。

歌詞の内容について

事あるごとに『』と『』『ドラッグ』『』を強烈にアピってくるブラックミュージックの慣習は直球過ぎて私たち日本人には共感しかねる部分も多いのですが、リズムやビート(トラック)、ダンス等のより本質的な音楽性に関しては日本では味わえない質の高さと中毒性があるので、代替が効かないエンターテイメントだと言えます。

スラングや省略形が分かる

Atsuさんも動画内で解説してらっしゃいますが、この”24K Magic”しかり洋楽でも特にHipHop、R&B、Reggae、Funk、Soul等の黒人(アフロアメリカン、ヒスパニック)を起源とする音楽はスラング(ある文化圏特有の言い回し)や言葉を省略した言い回しが多用されており、ネイティブのリアルな英語を知るのに非常に勉強になります。こればっかりは正当な英語学習だけではカヴァー出来ない部分になってくると思いますので、音楽から吸収すればバッチリ補完する事が可能だと思います。不用意に汚い言葉や蔑称を使用する。という事を避ける為にも、まずは知識がある事が必要です。知っていて初めて避ける事が可能となりますからね。

英語の正しい発音(リズム感)が分かる

多少強調した形になりますが、音楽と合わせて歌詞を覚える事で、テンポの良い発音が理解できますし、Appleを『アップル』と言わずに、『エアポゥ』のように、ネイティブが言うまんまで覚える事が叶いやすいと思います。

単語と単語の音の繋がりが分かる

https://www.youtube.com/watch?v=WHonOJLU2xo


24K Magicを使った英語発音レッスン♪ ①

例えば、歌いだしの

Put your ♪ ←

pinky ♪

rings up ♪ ←

to the moon ♪

の『Put your』や『rings up』の部分ですが、日本語読みで『プット ユアー』『リングス アップ』と覚えても意味がなく、リアルな発音の場合の、単語同士の音の繋がり、『プッチョ』や『リンザップ』と覚える事が重要です。それが音楽に合わせて自然に記憶に入ってきます。

楽しくないと続けられない

様々な英語の学習方法がありますが、いずれにせよある程度楽しめないと長く続ける事は出来ないと思います。逆に楽しい事なら言われなくとも続けたくなるはずなんです。そういう意味では皆が大好きな音楽と英語学習を交わらせて勉強に取り入れていくのは最良の選択ではないでしょうか?是非あなたも一度試してみてください!それではまた次回お会いしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク